― 生命を司る血管の躍動 ―

生命を司る血管の躍動

血管の形態美に潜在する「生命活動の基盤」と
「疾患発症の足場」という2つの顔。
この両側面を理解することで、新しい医学領域を創出します。

血管の形態美に潜在する「生命活動の基盤」と
「疾患発症の足場」という2つの顔。
この両側面を理解することで、
新しい医学領域を創出します。

Message
メッセージ

 私たちの生体内には血管のネットワークが隅々にまで張り巡らされており、生命活動の維持に働いています。血管は内皮細胞が管腔状に連なるというシンプルな構造を基本としており、それゆえに生体内で容易に形成され、そして環境に応じて変化します。このような血管の特性は、組織が傷害を受けた際の修復・再生には有利ですが、疾患の進展を促す異常な血管も形成されやすいという不利な側面も同時に持っています。実際に、がんや生活習慣病、感染症など様々な疾患に血管の異常が関与していることは皆さんがご存知の通りです。そのため、生体内で躍動している血管を統御する方法を得ることは、各種疾患を治療するために重要であると言えます。

 私の血管研究は、「血管の美しい構造はどうやってつくられるのだろう?」という興味から始まりました。発生生物学から始まった研究は、血管の再生医学へと続き、今では癌や感染症などの疾患病理学に手を広げています。それらの研究を通して解ったことは、正常血管の「生命活動の基盤」という光を理解することで、異常血管の「疾患発症の足場」という闇に迫ることができるということです。(詳しい研究の内容については、ぜひ、研究内容のページをご覧ください!)

 怪我をすると血管が傷ついて出血する-、血管は血液を介して酸素・栄養分を組織に運搬するための輸送路であることは子供でも知っています。では、血管がどのように作れられるのか-、樹木のように既存の血管から芽が生えて伸長する血管新生が起きていることも容易に想像出来るでしょう。しかしながら、このような「常識」にとらわれすぎると血管の本質に辿り着くことはできません。実験の結果が世間の常識と一致しなかったとき、その瞬間にはチャンスが潜んでいます。生物は予見することができない創造性と不確定性をもっているのです。木戸屋研究室は血管をテーマに、知りたいことを追求する「おもろいサイエンス」にて、医学の常識を打ち破る場所です。“Seize the day”、今を楽しみ、共に時流を作り出しましょう。

木戸屋 浩康

血管が統御する光と闇

Research
研究内容

 血管形成の制御機構が明らかになるに伴い、単純な血管の「管」を作ることや壊すことは容易になりつつあります。しかしながら、機能的な血管の高次構造が形づくられる機構や、血管がもつ潜在的な機能には未知なる領域が多く残されています。我々は血管の真なる姿を理解して統御することによる新しい疾患治療法の開発を目指し、以下の研究プロジェクトを進めます。

血管新生阻害剤に対する治療抵抗性の克服

Learn More

新領域:アンジオクライン血管学の創生

Learn More

血管に統御される真実の探求

News
ニュース

2023.12.20

名古屋大学医学系研究科の小関準先生が共同研究のために来学し、講義を行ってくれました。
前期に続いての講義となりましたが学生達は楽しく学べたようです。ありがとうございました。

2023.12.10

木戸屋教授、林助教、大学院生の清水さんが第31回日本血管生物医学会学術集会(CVMW2023)に参加しました。
また、清水さんが「LPAを用いたアレルギー性鼻炎治療効果の検討」の演題にて研究成果を発表しました。多くの人が興味を持って質問をしてくれたようで良かったです!

2023.12.08

木戸屋教授が第45回日本分子生物学会年会にて、シンポジウム「心血管系を支える細胞遷移ダイナミクス」を開催しました。
今年のテーマは「血管だけど血管じゃなかった」でした。会場へお越し頂きました皆様、ありがとうございました。

 

2023.11.24

木戸屋教授が浜松医科大学の先端医学特論(大学院特別講義)にて講演しました。講演の機会を頂きました山岸 覚 教授、ならびに懇親会を開いて頂きました浜松医科大学の先生方に感謝致します。とても楽しい浜松滞在でした。
https://ivb.med.u-fukui.ac.jp/news/20231124

2023.11.13

東京理科大学生命医科学研究所の昆俊亮先生が共同研究のために来学し、大学院セミナーで講演してくれました。
https://konshunsukelab.wixsite.com/rs-tus

2023.10.26

順天堂大学大学院医学研究科微生物学研究室の岡本徹先生が共同研究のために来学し、講義を行ってくれました。
https://virology-lab.juntendo.ac.jp/

2023.10.05

東京大学 先端科学技術研究センターの大澤毅先生と東京医科歯科大学 難治疾患研究所の島村徹平先生が共同研究のために来学し、講義とセミナーを行ってくれました。
https://ivb.med.u-fukui.ac.jp/news/20231005

2023.10.03

最新型のイメージングMicrohub顕微鏡の「Leica Mica」が研究室に設置されました。
https://ivb.med.u-fukui.ac.jp/news/20231003

2023.10.02

東京大学 先端科学技術研究センターの大澤毅先生と東京医科歯科大学 難治疾患研究所の島村徹平先生らの研究グループとの共同研究の論文がThe EMBO Journal誌に掲載されました。これまで一緒に研究してきた仲間との大事な論文です!


2023.09.22

林助教と木戸屋教授が第82回日本癌学会学術総会に参加し、林助教がポスター発表しました。

血管の統御による疾患治療

Access
アクセス

福井大学 学術研究院 医学系部門
血管統御学 木戸屋研究室

〒910-1193
福井県吉田郡永平寺町松岡下合月23-3
Tel: 0776-61-8286
Email: kidoya☆u-fukui.ac.jp
※「☆」を「@」に置き換えてください。

Kidoya Lab,
Department of Integrative Vascular Biology,
Faculty of Medical Sciences,
University of Fukui

23-3 Matsuoka-Shimoaizuki, Eiheiji, Yoshida, Fukui 910-1193, Japan